プラセンタで1アンプルは少ない?効果的な量は?

      2016/11/28

プラセンタ注射は週に1アンプルだと少ない?

プラセンタ注射を打つことで美容効果や健康に良いというのはわかっていますが、美容目的の場合、保険診療ができないので自費になります。

クリニックによって1アンプルあたり1,000円~2,000円ほどになるので費用がかかるので1アンプルでも効果を得たいですよね。

週に1回1アンプルで効果が出ないのかと言われると、答えはNOです。

打ち始めからの1ヶ月間は間を空けないように注射をしていくことで、プラセンタによる効果が得られるのです。

効果が出やすいのは週に何アンプル?

1日に3回1アンプルが理想とされていますが、そんなに毎日通えませんし、費用の面も大変です。

なので、一般的な患者さんは1週間に1~2回通院し、2,3アンプル目安に摂取しているそうです。

美容のためにプラセンタ注射を打つ理由であればこれぐらいの頻度で十分だといえます。

プラセンタは量より持続性ですので、こまめに打つことで美肌を保ちやすくなります。

注射を打つには決められた量がある

1アンプル(1A)=2mlです。

1回に摂取できる量は決められており、美容でよく使われているラエンネックは2アンプルまで、メルスモンは1アンプルまでになっています。

保険が適用になるのは、肝疾患と更年期障害のプラセンタ療法のみの注射です。

保険が効くと1アンプル500円ほどとお安く摂取できるのですが、もしラエンネックを決められた量以上(3アンプル)を1度に打つ場合は自費になってしまうので注意は必要です。

皮下注射と筋肉注射で効き目が違う!

皮下注射は皮膚の1番浅い部分にまでしかハリを刺さないので、血管などはないのでゆっくりとじわじわと体内の中に成分が行き渡るので穏やかに効いてきます。

皮下注射に比べて筋肉注射は皮下組織の下の筋肉層の部分までハリを刺すので複雑に絡み合った血管をプラセンタ成分が血液と通ってスムーズに体内を巡ります。

皮下注射のほうが若干ですが体内に留まる時間が長いので皮下注射のほうが持続性があります。

しかし、1回に1アンプルしかできないので、筋肉注射のほうが効果が高いとして人気があります。

プラセンタ注射よりも持続して効果が実感できるプラセンタ

私が実際に使用しているプラセンタはサプリメントと美容液なので注射のようなリスクや費用がかからず、何より継続的に使用できるのが魅力です。

フラコラのプラセンタならば高濃度でリーズナブルなので長く続けられるため、効果も注射のように短期間ではなく持続できるのが気に入っています。

フラコラ・プラセンタ美容液(WHITE'stプラセンタエキス原液)

プラセンタ業界で最も知名度が高いフラコラのプラセンタ美容液(プラセンタエキス原液)は安心安全の国産プラセンタのみを使用したプラセンタエキス100%の美容液でプラセンタ注射1アンプル並みに安いです。

外側からのケアとして洗顔後のお肌にたっぷりと使用することで、お肌の潤いやカサツキの改善、大人ニキビの改善などうれしい効果ばかり実感しました。

プラセンタ美容液_文字入れ

特にお肌のきめが整ってきたことで、化粧ノリもよくなりファンデーションは薄付きになり、素肌に自信が持てるようになりました。

今だとこのプラセンタエキス原液が1本980円(15日分)で最大3本まで買えるので、効果を実感するまでじっくりとお試しできるキャンペーン中です。

このキャンペーンはいつ終わるかわからないので、アクセスだけしてみる価値はあるかもしれません。


 

フラコラ・プラセンタサプリメント(WHITE'stプラセンタつぶ)

またプラセンタエキスが従来の2倍である10,000mgも配合になったプラセンタつぶというサプリメントも1アンプル並みに安いので継続的に飲んでいます。

このサプリメントを飲むと内側から効いてきて、お肌の新陳代謝を良くしてニキビができにくくなったり、お肌のモチモチ感がキープできたりとうれしいことばかりです。

プラセンタつぶも現在1袋980円(15日分)で最大3袋まで購入できるチャンスですので、気になる方はアクセスしてみてもいいかもしれません。

注射の副作用

注射の副作用は、たんぱく質が主な成分のプラセンタなのでアレルギーをおこしやすいです。

注射によってぜんそく、発疹、かゆみを起こす原因なので症状があらわれたら一旦使うのを停止しましょう。

輸血の提供や献血は狂牛病、ヤコブ病などの感染症予防のため禁止されていますので、注射を打ったある一定期間内はできません。

 

ただ、私が使用しているフラコラのプラセンタ商品でしたら、それほど重篤な副作用は感じませんでしたので、プラセンタ注射による副作用が怖い方はサプリメントと美容液で試してみてもいいかもしれません。

まとめ

プラセンタは少しの量でも効果があります。

注射をしない日はサプリメントなどを飲めば相乗効果でより効きやすくなると言われています。

また、献血ができないことに抵抗があるかたにもサプリメントを飲むことで美肌を手に入れられるでしょう。

で、結局コスパ最高のプラセンタはどれ?

様々なプラセンタを経験した私が選んだプラセンタはフラコラのプラセンタエキス100%・WHITE’stプラセンタエキス原液美容液と3粒で10,000mg配合のプラセンタつぶです。

 

1.プラセンタエキス原液(美容液)について

プラセンタエキス原液の公式サイトを読んで私の体質に合うか?成分的に問題がないか?正直、怪しくないか?を細かくチェックしました。

▶︎プラセンタエキス原液美容液の公式ページはこちら

即効性を感じたフラコラプラセンタエキス原液を購入し使用して感じた効果など体験談は こちら

特に美容液であるWHITE'stプラセンタエキス原液は長年の悩みであったほうれい線が目立たなくなり、お肌の発色もワントーン以上明るくなった気がします。
after  

2.フラコラプラセンタつぶ(サプリメント)について

プラセンタつぶもやっぱり内服するサプリメントであるので安心して購入できる会社か?原材料などの成分、注意書き等を読みました。

▶︎プラセンタつぶの公式ページはこちら

プラセンタつぶはじめ3つのプラセンタサプリメントを実際に使用して感じた効果の体験談を比較して付けたランキングは こちら

3つのプラセンタサプリメントを飲み比べてプラセンタつぶは他のサプリメントよりも含有量が高くお値段も手ごろという部分で続けやすく、体質から効いている気がしています。

ただ即効性を求めるなら、プラセンタつぶよりもプラセンタエキス原液の方がお肌のもっちり感や発色などすぐに効いたような感じでプラセンタつぶは内側から徐々に効いていき疲労感回復や乾燥に効いている感じですね。